放射能は人々を見えない存在にする ロバート・ジェイコブズ | Radiation Makes People Invisible – Japanese Version

放射能は人々を見えない存在にする ロバート・ジェイコブズ A version in English IS available here:  Http://Wp.Me/p1zinA-3bv 放射能は人々を見えない存在にする。放射線を浴びる、つまり被ばくすると、健康に害が及ぶこ とは知られている。高い放射線量を浴びた場合は、死にいたることさえある。しかし、放射能が及 ぼす影響はそれだけではない。被ばくした人たちは、そして健康障害はないが被ばくした恐れがあ る人たちでさえも、人生が大きく変えられてしまう。彼らは「二級市民」とみなされ、家族、地域 コミュニティ、ふるさと、昔ながらの食生活、受け継がれてきた知恵までもが奪われてしまう。残 された人生を、ふるさとに戻りたい、普通の生活に戻りたいと願いながら過ごすことになる。そし て、自分たちは犠牲者となったこと、自分たちが幸せな暮らしを送れるかどうかは政府や地域社会 の関心の的ではないことを少しずつ悟るのである。 核技術の社会的、文化的側面を研究する歴史家として、筆者は何年にもわたって世界中の被ばく 地域をめぐり、調査を行ってきた。こうした地域の人たちの多くが被ばくした原因は、核実験、

Read more